大人も子どもも一日楽しく過ごせる日本科学未来館の魅力!

スポンサードリンク

最新の科学について学べる日本科学未来館

日本科学未来館

日本科学未来館は、元宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務めていることで有名な科学・宇宙分野の展示が中心となった大規模な博物館です。

あの地球の衛星写真がリアルタイムで映し出される、「ジオ・コスモス」の映像をご覧になったことがある方も多いことでしょう。

そんな大人も子どもも一緒になって深く最新の科学について学べる楽しい日本科学未来館について、今回はその詳細をお届けしたいと思います。

日本科学未来館

日本科学未来館のアクセス

日本科学未来館の所在地は東京都の臨海エリアお台場です。晴れていれば東京湾が一望できるというロケーションから、アクセス方法が良く分からないという方も多いことでしょうが、心配はご無用です。

まず、利用可能なのがゆりかもめです。こちらの路線の最寄り駅は、テレコムセンター駅と船の科学館駅の二つとなります。

ちょうど二駅の中間地点にあたる場所が博物館となります。豊洲駅または新橋駅のどちら側からでもゆりかもめ一本で到着することができます。

次にりんかい線ですが、こちらを利用する場合は東京テレポート駅で下車します。

その後、無料で臨海エリアを回っている「東京ベイシャトルバス」(11:35~19:15の間、定期的に運行しています)を使うと、日本科学未来館の入口まで一気にアクセスできるのでとても便利です。

また、車での来館の場合は、未来館に併設されている地下駐車場(175台駐車可能/当日最大1,500円)を7:00~23:00まで利用できます。

日本科学未来館

日本科学未来館の気になる混雑状況

日本科学未来館が有名だからこそ気になるのが混雑状況ですよね。広い未来館といえど、やはり土日祝日、あるいは夏季休暇などともなるとかなり混雑します。

また、平日でも修学旅行生の団体が多いので「“おや?”っこ広場」などの体験型の展示のうち定員があるものについては、朝から整理券が発行されることがありますのでご注意ください。

日本科学未来館

日本科学未来館の目玉の展示といえば?

日本科学未来館

科学や宇宙がテーマの博物館で気になる展示といえば、プラネタリウムのように美しい星空が堪能できるシアター系の展示です。日本科学未来館でももちろん大人気の展示のひとつとして有名です。

こちらは「ドームシアターガイア」という名称で、なんと映画館のように席を指定して有料の事前予約ができるのです。

かなり人気がありますので、土日祝日に利用希望の場合は、早めのお出かけをおすすめします。また、常設展エリアは2016年にリニューアルしました。

昨今、日本列島で頻発する地震や災害の起こるメカニズムについてわかりやすく展示されているコーナーや子どもたちが大好きなゲーム形式で地球の50年後を学ぶ体験型コーナーなどが新設され、好評を博しています。

日本科学未来館

日本科学未来館でランチ

日本科学未来館

日本科学未来館の館内には、ビュッフェ形式の楽しい展望レストランが7Fに、また、軽食やデザートなどが豊富にそろっている上にスタッフさんおすすめの書籍も一緒に楽しめるカフェが3Fにあります。

周辺施設ならば、フジテレビ前にあるアクアシティお台場やテレコムセンタービルにたくさん飲食店が入っていますので、その時の気分でお好みのメニューを選ぶこともできます。

特に平日であれば、あまり混雑していない日もありますので、お散歩気分で気軽に出かけられるのがおすすめです。

このように日本科学未来館は、一日中いても飽きることなく楽しめるアクティビティが揃った博物館です。お好みの見学予定を立てて、是非お出かけになってみてください。

日本科学未来館

イベントで大人から子どもまで楽しめる施設

日本科学未来館

日本科学未来館では、高頻度でイベントが催されており、1人でも友人と行っても楽しめます。2015年には人気ゲームをテーマとしたイベントが催され、1人でありながら2時間近く居座ってしまいました。

また、ロビーには座れるスペースがあり、ゆっくりと休憩ができたのでとても助かりました。売店もあり、好奇心をかきたてられるグッズが揃っています。

最寄り駅の船の科学館駅やテレコムセンター駅から5分ほど歩きますが、見晴らしの良い場所に建っているため道に迷う心配はありませんでした。

日本科学未来館は、イベントで大人から子どもまで楽しめる施設です。ぜひ遊びに行ってみてください。

日本科学未来館

日本科学未来館の公式サイトはこちら https://www.miraikan.jst.go.jp/

 

 

 

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。