JALの先得で安くなる!各種プランの割引率や制限について

スポンサードリンク

旅行に出かける時や出張で日本全国に行くときにJALは便利です。

旅先でショッピングやお食事、お土産などにお金を回すためにも、渡航費用はなるべく安く抑えて旅を楽しみたいですよね。

そこでJALの先得プランを使いましょう!

・おすすめのJALの先得プラン

JALでは国内の旅行を考えているお客様向けに、様々なタイプの割引サービスを用意しています。

基本的に早く決まっていればいるほど安く使えることがほとんどで、時期が閑散期であったりあまりお客さんがいない時に予約を取るとさらに安くなることがあります。

そこで、どんな割引サービスの種類があって、実際に使用する時や万が一の時の払い戻しの条件などの大事なポイントをまとめました。

・最大で約75%引き!?激安のウルトラ先得!~75日前までの予約です~

国内線の飛行機で最も高い割引率を誇るサービスがこちらウルトラ先得です。

ウルトラ先得の割引率について

基本的にどの地域においても料金は最低でも正規料金の半額、高い割引率の路線では60%~70%程度安くなることがあります。

一例として東京から大阪(伊丹空港、関西国際空港)までの場合正規料金は一律25200円です。

しかしウルトラ先得の場合は最も値段の高い便でも12000円程、安いものだと6500円といった路線もあります。

その差は最大で約74~75%引きという、非常に高い値引き率となっています。

ウルトラ先得の制限について

ただし、これだけ高い値引き率になっているので制限もいくつかあります。まず、大きな制限ポイントとして予約の変更が聞きません。

時間や路線、その他飛行機座席の変更などの一切の変更をすることができないので、予約の際には注意が必要です。

また、払い戻しの手数料が航空券の50%取られることも大きいです。

よってかなり前々から正月やお盆の時期といった高い確率で、日程が変わらない日を狙って予約を抑えることが狙い目でしょう。

詳細はこちらから
http://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_u-sakitoku.html

 

・55日前まででこのお値段!?納得のスーパー先得!~55日前までの予約です~


国内線の飛行機で次に高い割引率を誇るサービスがこちらスーパー先得です。

スーパー先得の割引率について

55日前までということで、ウルトラ先得に比べると若干値引き率が落ちていますが、まだまだお得感はかなり残っています。

ウルトラとの差は値段面だけですが、その値段も基本的にウルトラ先得から1000円から2000円程上乗せした程度の値段であると考えるとよいです。

叙述の東京~大阪間ではこのスーパー先得の場合、最も高い値段の便で12300円程、安いもので9900円となっており、1万円ほどで東京~大阪間の路線を利用することができます。

比較する候補としてよく上がる東海道新幹線と比べますと、約2時間30分程の乗車で自由席+特急券を合わせて13620円です。

飛行機の場合ですと、約1時間で高くても12000円程度、安ければ1万円ほどで伊丹、または関西国際空港にいけるため飛行機に大きく軍配が上がることは疑いようもないでしょう。

スーパー先得の制限について

注意点として、予約の変更や時間、座席などの変更が一切聞かない点はウルトラ先得と同じですので気をつけて利用しましょう。

詳細はこちらから
http://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_s-sakitoku.html

 

・来月急に渡航でも大丈夫!先得割引のタイプA&B~28、45日前までの予約です~

こちらは、出張を来月に控えたビジネスマンや急に有給などが習得できたことによって、約1カ月から1カ月半後に飛行機を使いたいと思っている方におすすめのサービスです。

タイプAが28日前までの予約となっており。タイプBが45日前までの予約となっています。

どちらもそれ以外の細かい条件は上述のウルトラ先得、スーパー先得と変わらないのでその点は注意して使うようにしましょう。

先得割引のタイプA&Bの割引率について

肝心の割引率ですが前述と同じく東京~大阪間で見た場合、28日前までの予約であるタイプAは最高の値段が12700円、最低の値段が10700円です。

同様にタイプBは最高の値段が12600円、最低の値段が10400円となっています。

新幹線が13620円であることを考えると、この辺りからは空港に行くための交通費や諸費用を含めて考えるとほぼ同じ値段となります。

しかし、時間に関しては依然大きな差があるために、やはり飛行機に軍配があがります。

詳細はこちらから
http://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_sakitoku.html

 

前日まで可能な航空券の特便割引1!~60日前から前日までの予約です~

緊急に国内のどこかに飛ばなければならないといった状況の人から、先得タイプとスーパー先得がすでに埋まっているといった事情の人が使うべきサービスです。

出発の2か月前から前日まで使えるという、使い勝手の良い割引サービスとなっています。

仕事で使う人の場合は、特殊な場合を除いて出張の1~2カ月程度前にならないと具体的な話が出てこないことも多いため、このサービスが最も使う頻度が高いサービスになります。

特便割引1の割引率について

この特便割引1は、搭乗者の予約状況によって値段の設定帯が変わる特徴があります。

つまり、予約者が少なければ安い値段の設定であるタイプCで予約を取ることができ、直前などでわずかしか席が残っていない場合は、高い値段の設定であるタイプAので予約を取ることになります。

これらを踏まえて東京~大阪間で最高の値段がタイプAの16800円、最低の値段はタイプCの11200円となります。

特便割引1の制限について

値引き率は前述の各種先得に比べるとやや低めですが、条件の面でここから多少変更点が出てきます。

それは、キャンセルの手数料が大幅に安くなり、「お帰り確約」というサービスがつけられるようになることです。

区分によって値段は異なりますが、先得タイプA&B以上の航空券をキャンセルする場合は運賃の50%を取られますが、この特便割引1からは1000円からキャンセルすることができます。

直前に予約する人が多いことへの配慮であるとも言えるでしょう。

また「お帰り確約サービス」という本来なら予約開始前には予約できない帰りの便を、出発時の予約を作る時に同時に作ることができるというサービスです。

詳しくはこちら「お帰り確約サービス」についての詳細
http://www.jal.co.jp/dom/reservation/rtncfm/

特便1についての詳細
http://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_toku.html

 

・JALの利用まとめ~新幹線との比較が利用のポイントです~

国内線は用途が幅広く、国際線からの乗り継ぎであったり国内の旅行に用いられたりと様々な方法で乗ることができます。

今回は色々な割引サービスを紹介してきましたが、大きなポイントとしては新幹線と比べることが1つの目安となります。

新幹線は、値段は高く時間もかかることが多いですが、陸を走っているために時刻表通りに運行される確率が非常に高くその精度は世界でも群を抜いています。

一方で、飛行機の場合は天候に左右されることがあり、雪が降ると滑走路が閉鎖され飛ばなくなってしまうリスクも存在します。

どんな要素を重視するかは個人それぞれですが、それに合った飛行機を選択して賢く乗りたいものですね。

【PR】

Comment (1)
  1. ヤマダ エミコ より:

    予約確認です

    4月7日 jal293便 東京ー山口宇部
    4月9日 jal292便 山口宇部ー東京
    名前 ヤマダ エミコ
    予約番号 LUQWVI
    ローソンで購入したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。