東武動物公園の魅力は遊園地と動物園だけじゃない?ハイブリットテーマパークを最大限に楽しもう!

スポンサードリンク

東武動物公園といえば、動物園だけではなく遊園地まで楽しめるハイブリットテーマパークとして人気ですが、他にもたくさんの魅力があるのはご存知ですか?

今日は動物園、遊園地のオススメとそれ以外のオススメポイントもご紹介したいと思います。

 

動物園のオススメポイント

世界でも珍しい貴重なホワイトタイガーを見よう

ここではインドに生息する珍しいベンガルトラの白変種が見ることができます。全世界でも250頭余りで国内には30頭ほどしかいないという、とても貴重なホワイトタイガーを見ることができます。

毎週土曜日の11時からエサやりがあるのですが、このエサやりに有料で参加することもできます。当日先着15組限定、1組につき生肉3個が支給されて棒の先に付けて食べさせるという他では味わえないおもしろい体験ができます。

通常はガラス越しにしか見られませんが、この時だけは柵だけで隔てられた部屋に入り近くでホワイトタイガーを見ることができるんです!白い体に青い瞳が本当に神秘的ですよ。

 

年間通して蛍が見られる、世界初の劇場型蛍鑑賞空間をを楽しもう

蛍といえば夏ですが、なんとここでは年間を通して蛍の光を鑑賞することができます。野生ではなかなか見ることができない卵や幼虫、さなぎ、成虫にいたるすべてを見学でき、光る体験ができます。

館内には本物の蛍が約10,000匹も生息している大型水槽があるのですが、暗闇の中で浮かび上がる無数の光はとても幻想的で季節を問わず楽しめます。

年間を通じて見られるので、夏に蛍を見られなかった人には嬉しい施設ですね。冬の蛍もロマンチックでオススメですよ。

 

見るだけではなく動物たちと触れ合って楽しもう

東武動物公園では見るだけではなく、直接動物たちと触れ合う楽しい体験もできます。「ふれあい動物の森」ではカンガルーに接近したり動物によるステージを見ることができます。

また、ゾウさんやラクダさんの餌やり体験やバードショーやヒツジの毛刈り、ポニー試乗体験までできます。

 

犬と猫好きさんには触れ合えるワン、ニャンワールドもありますよ♪

大きな動物が苦手な方や小さなお子さんは「森のふれあいハウス」でヒヨコ、ウサギ、モルモットとのふれあいがあるのでオススメです。

普段、触れ合わない動物達と仲良くできる素敵な空間です。見るだけではなく体験できるのがいいですね。

 

遊園地のオススメポイント

続いては東武動物公園の遊園地のオススメをご紹介します

 

絶叫好きは要チェック!鳥の気分が味わえる新感覚のジェットコースター

カワセミという水辺に生息する小鳥をご存知ですか?見た目の美しさから青い宝石とも呼ばれています。

東武動物公園の目玉アトラクションの1つ『新滑空水上コースターカワセミ』は、水上をアップダウンし急旋回する動きをするので、他にない新鮮な体験ができます。

まさに空飛ぶ宝石といわれるカワセミになって滑空しているような新感覚なジェットコースターになっています。

リズミカルなコースやアップダウンが早いので今までにない感覚でとても楽しめますよ。

 

世界初の水上木製コースターを楽しもう

東武動物公園には、もう一つ目玉アトラクションの水上木製コースターレジーナがあります。

レジーナとはイタリア語で「女王」、ジェットコースターのコース全景は女王様が横たわっているような美しいフォルムです。

全長は1334メートルあり、最高部は地上約37メートルで使用された材木の量は、なんと一般的な家屋が約700軒も建つほどです。

新滑空水上コースターカワセミは、リズミカルな切り返しやアップダウンで予測のできない感じが特徴ですが、レジーナはスピードと木製独特の揺れもあって恐怖の乗り心地が体験できます。

見た目も美しい世界初の水上木製コースターで思う存分スリルを楽しみましょう。

 

ゴンドラでいざ空の旅へ出発

東武動物公園には観覧車がありますが、空の散歩にもう一つお勧めのアトラクションがあります。それは、空輸便スカイフィッシュエキスプレスです。

空輸便スカイフィッシュエキスプレスは、遊園地の全景をゴンドラの上から楽しむことができます。園内を歩き疲れたらゴンドラで一休み、素晴らしい絶景を味わえますよ。

もちろん、観覧車もオススメです。ゴトゴト揺られながら風を感じるゴンドラと大パノラマの絶景が見られる観覧車、どちらも乗りたくなりますね♪

 

動物園と遊園地以外にも魅力たっぷり

動物園と遊園地だけでも楽しめますが、東武動物公園には、まだまだ魅力があるポイントがあるのでご紹介していきます。

 

ハートフルガーデンで四季を感じよう

動物園と遊園地で楽しんだ後は自然に癒されてみませんか?

ハートフルガーデンは、約410種類、20,900本もの様々な植物が年間を通して楽しめる場所になっています。

ハートフルガーデンには5つのテーマガーデンがあり、それぞれ特徴があります。

ウェルカムガーデンでは、芝生エリアがあるので晴れた日にはレジャーシートでランチをすればピクニック気分を楽しめます。

ローズガーデンでは、「世界バラ会議」で殿堂入りした品種をはじめ珍しいバラがたくさんあります。キャンバスガーデンではまるで絵画のような景色が楽しめる場所で写真撮影にオススメですよ。

また、東武動物公園では、イベントとして公園内で撮影したフォトコンテストを開催しています。ホームページに入賞作品がありますので、ぜひご覧になってください。どれも素敵な写真ばかりですよ。

東武動物公園フォトコンテスト

http://www.tobuzoo.com/event/photocontest/

 

幻想的な光の輝きを楽しめるウィンターイルミネーション

東武動物公園の冬季のイベントと言えばこれですね。毎年ウィンターイルミネーションを開催しており、公園全体が宝石箱のような素敵な空間になります。

さらに、遊園地だけではなく動物園にもイルミネーション設置のイベントがあります。観覧車からの園内が光り輝く景色は絶景ですので見逃せません。

 

限定イベントを見逃すな

東武動物公園では、11月26日まで限定イベントとしてお化け屋敷「閉ざされた悪霊の家」を開催しています。

数々のホラーアトラクションを開催してきた松竹事業部が開催するお化け屋敷ブランド「松竹お化け屋敷本舗」が作り上げる世界観は、ホラー映画の作品の中に自分が入ったかのような恐怖体験を味わえるのが特徴です。

自分が恐ろしい映画の世界に入り込むような感覚は、イメージするお化け屋敷の怖さを凌駕します。期間限定のイベントなので、遊びに行った際はぜひ恐怖のリアル体験を楽しんでみてくださいね。

 

東武動物公園へのアクセスや駐車料金

東武動物公園の交通アクセスや料金をご紹介します。

 

車で東武動物公園へ行く場合

車で東武動物公園へ行く場合は、西のゲート(動物園側入り口)が駐車場になります。西ゲート(動物園側)に直営駐車場があります。

カーナビ検索は、住所検索なら埼玉県白岡市爪田ヶ谷425番地、施設名なら、東武スーパープールで検索するとスムーズに目的地に案内してくれます。

東ゲート(遊園地側)からだと民間の駐車場を利用することになるので注意してください。

気になる駐車料金ですが、1日普通車1000円、バス2000円、二輪車500円になります。駐車台数は、約3000台停められる駐車場になりますので、駐車できないことは少ないと思います。

 

電車で東武動物公園へ行く場合

電車の場合、東武スカイツリーラインか伊勢崎線、日光線の東武動物公園駅が最寄り駅になります

東武動物公園駅から東武動物公園までは、歩いて10分~15分ほどかかります。また、バスも定期的に出ていて、5分ほどの距離170円で東武動物公園に到着します。

 

東武動物公園の料金について

東武動物公園の入園料ですが次のようになっています。

大人(中学生以上)

・入園料のみ1700円

・入園料+ワンデーパス、乗り物乗り放題 4800円

 

こども(3才以上)

・入園料のみ700円

・入園料+ワンデーパス、乗り物乗り放題 3700円

 

シニア(60才以上)

・入園料のみ1000円

・入園料+乗り物乗り放題3700円

 

東武動物公園の入園料をお得にするには?

当日券ではなく、前売り券を購入しましょう。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの各種コンビニで前売り券を買えば、大人は200円安くこどもは100円安くなります。

もしくは、東武動物公園のメールマガジンに登録しておけば、前売り券同様、大人は200円安く、こどもは100円安くなります。

 

東武動物公園のメルマガ登録はこちら↓

http://www.tobuzoo.com/form/discount.html

 

さらに、期間限定で平日のみですが、0歳~小学生までのお子さんがいる親子がお得になるチケットもありますよ。

http://www.tobuzoo.com/event/details/1303/

 

最後に

東武動物公園の魅力は伝わったでしょうか?

動物園、遊園地だけではなく様々な植物が楽しめるフラワーガーデン、夏にはプールまで楽しめるので東武動物公園は、まさにハイブリッド・レジャーランドですよね。

各施設がつながっているので、1日かけて思う存分楽しむことができます。

また、広い園内を快適に移動できるようにシャトルバスや機関車が走っています。雨天でも楽しめるアトラクションを用意しているのも素敵ですね。

年間いつでも楽しめる東武動物公園にあなたも遊びに行ってみませんか?

東武動物公園公式ページ
http://www.tobuzoo.com/

東武動物公園お問い合わせフォーム
https://www.tobuzoo.com/form/contact/


ライター紹介 : SOL

テニスコーチや営業の経験を通じて顧客に喜んでもらうには、自分にしかできない価値を届けることだということに気づく。1年間で1,000冊の本を速読することに挑戦。多くの人に価値を届けるには文字しかないとライターへ転身。

「私にしかできない価値を提供」をポリシーにしている。趣味は気楽な速読と一眼カメラを持って散歩すること。

【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。